佐藤直子 大会実行委員長ご挨拶


 今年も、能登国際女子オープンテニス2011の準備で、慌ただしい日々となっています。

 3月の東日本大震災は、日本を悲しみとショックのどん底に陥れました。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された方々の生活が早く以前と同じように回復するこことを、願ってやみません。今後長期にわたって、東日本大震災で被災された方々をみんなで助けて行こうという日本人の強い結束の下、みんなで元気を出していきましょう!

 能登地震の年に始まったこの能登国際女子オープンテニスも、大成功させる決意です。

 今回私は実行委員長をさせていただきますが、ディレクターは退き、樗木聖(元中坂聖)プロに託すことになりました。
 樗木聖プロは、昨年アシスタントディレクターとして頑張ってくれたので、安心して任せることができます。

 昨年のシングルスの優勝者、タマリン・タナスガーン選手は、なんと能登国際2010の数週間後のHPオープン決勝で伊達公子選手を破って優勝し、日本中にその名を知られました。ウィンブルドンのシングルスでベスト8に入った選手が能登国際2010に参加してくれただけでも嬉しかったのに、(伊達選手が負けたのは残念ですが)能登国際の優勝者が活躍してくれたことも、これまた大きな喜びでした。

 日本プロテニス協会は、能登町の皆さまと力を合わせて、この能登国際女子オープンテニスを「伝統あるトーナメント」へと育てていきたいと思っています。今年も、新しい企画を沢山考え出し、来てくださる観客の皆様の喜んでいただけるトーナメントにしたいと思っています。

 皆さま、どうぞ、ラインパースン、ボールパースンなどの御協力、そして、御観戦のために藤波運動公園へ足をお運びくださいますよう、よろしくお願いします。


                                            JPTA能登国際女子オープンテニス2011
                                               大会実行委員長 佐藤直子